スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コシヒカリの実力。

1月27日(火)

昨日の日記にも書いた通り、今日は授業の時間以外丸1日明日締め切りのグループ課題に追われた。「追われた。」と過去形で書いてみたものの、課題自体はまだ終わっておらず、明日の午前中も授業の時間ギリギリまでかけて何とか答えの体裁を整えなければならない様相を呈している。

今日は午後8時を過ぎて一旦解散とし、9時ちょっと前にアパートに帰ってきたのだが、疲れていて何か料理をする気にもならない。でも腹は減っているのでどうしようかと思ったのだが、


昨日作った豆腐とわかめの味噌汁が残っていたので、それと一緒に米を炊いて食べる事にした。
夕食にご飯と味噌汁だけと言うのは貧乏なのに大食いな僕にとっては少し寂しいメニューなのだが、今日の米は一味違う。いつもは近所のスーパーで買った「日本米に似せて作ったアメリカ米」を食べているのだが、今日は日本の実家を出る時に母がどうしても持って行けと持たせてくれたコシヒカリを使う事にした。

僕は普段貧乏と言う事もあって食べ物に関しては質よりも料を重視する傾向にあり、味にはかなり寛大な方なのでアメリカ米でも普通に美味しく食べている。だから幾ら日本から持ってきた本場のコシヒカリと言えど、同じ炊飯器で炊いたら味はそこまで違わないだろうと思っていたのだが、これが大間違い。

炊飯器にセットしたコシヒカリが炊けた頃にキッチンに行くと、ほんのりとお米の香りがするのである。これだけで否応にも期待が高まる。しゃもじを手にとっていざ炊飯器の蓋を開けると、湯気が立ち上がった後、炊けたご飯の表面がキラキラと光っているのが見えてくる。お米のツヤがいつもとは明らかに違うのである。いつも使っている黒い器に炊き立てのご飯を盛ると、炊き立てのご飯の白さが映えてよりいっそう食欲をそそる。

普段ご飯と味噌汁だけを食べる時はふりかけをかけたりするのだが、今日はとりあえずご飯の味を確かめてみる事にする。美味い。ただそれだけ。お米一粒一粒が潰れずにしっかりと炊けているので食感が違う。いつも食べているアメリカ米と比較して、粒のレベルでコシヒカリの完勝である。そしてふりかけなどかけずともお米自体がほんのりと甘いのである。余りに美味しかったので炊いた2合の内、半分強をあっという間に食べてしまった。昨日作った味噌汁はなんかちょっと味がヤバめに変化していたけど、それを忘れさせてくれる程ご飯がとにかく美味しかった。

人間生きていれば毎日面倒な事、むかつく事、しんどい事、許せない事など色々ありますが、今日はただ美味しいお米が食べられて幸せだったと思って1日を終えることにしたいと思います。余り上を見て生きない事が1つの幸せなのかもしれないなと思い始めた貧乏留学生活6年目の夜です。



blog ranking


ブログランキング(留学部門)に参加しています。
上のロゴをクリックして頂くと順位が上がります。
いつも応援有難うございます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス状況
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
人気記事ランキング
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンク
ブログランキング
Baton Rouge 現在の時刻
Baton Rouge 現在の天気
華氏で表示されています。
ブログ内検索
貧乏留学日記の順位
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

国別アクセス
free counters
地域別アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。