スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見易くて良い血管だ。

8月15日(土)

今日も毎週土曜日恒例の売血に行ってきた。

「売血」と言うと誤解を招きやすいので簡単に説明すると、売血と言っても「献血する見返りにお金がもらえる仕組み」なのとは少し違う。献血は体内の血液が再生されるまで時間が掛かるので最低8週間、間隔を空けなければならないが、僕が通っているプラズマセンターは、血液中のプラズマと言う成分を取り出して寄付する場所である。

血液そのものと違いプラズマは再生に2日ほどしか掛からない為、週に2回までの寄付が可能である。ただ、体内から取り出した血液からプラズマを分離させるプロセスに約1時間ほど掛かるので、プラズマを寄付するのに要する時間に対してお金が貰える仕組みである。つまり、簡単に言えば売血である。あれ?誤解は余り招いていないような・・・
それはともかく、今日の午前中も売血に行き、住所氏名などの確認などの事務手続きを済ませる。それから体重、体温、血圧を測定し、いよいよ売血の行われているベッドのある部屋へ通される。因みに先週の日記に書いた体重は一週間経ってまた元に戻っていた。

注射針を刺される直前になって、いつも僕のか細い腕にあの太い注射を容赦なく差し込む顔なじみの女の人が、同僚の男の人に何やら色々と手順を説明している。どうやら男の方はプラズマを抽出する機械のセッティングから注射に至るまでの一連の作業を学んでいるらい。

低いトーンの小さめの声で遠慮がちに話す男の人に対し、やたらとでかい声で話す女の人の言う事がはっきりと聞こえる。

“Hey, he's easy!”
“He,s gotta good vein! So easy to see”
“I stick him all the time and he's real easy!”

「彼は簡単なんだって!」
「見易くて良い血管をしてるから!」
「彼にいつも注射してるけど本当に簡単なんだって!」

どうやら肌の表面に血管が浮き出ている僕みたいなタイプは注射がしやすいのだろう。あと、黒人が8割くらいを占める場所なので、もしかしたら肌の色的にも血管を識別しやすいと言うのがあるのかもしれない。結局今日は目の前で血管を褒められただけでいつも通り女の人が注射をしたのだが、良い血管をしていると言う理由でこれから新米のヘタクソどもの実験台にされたらどうしようと思った。思ったけど、どうしようもないので忘れる事にした。


blog ranking


ブログランキング(留学部門)に参加しています。
右側のサイドバーでこのブログの現在の順位が見られるようになりました。

上のロゴをクリックして頂くと順位が上がります。
いつも応援有難うございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセス状況
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
人気記事ランキング
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンク
ブログランキング
Baton Rouge 現在の時刻
Baton Rouge 現在の天気
華氏で表示されています。
ブログ内検索
貧乏留学日記の順位
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

国別アクセス
free counters
地域別アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。