スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネで人生を語る。

8月27日(木)

今日は朝7時半から統計学部の院生向けの「確率論」という授業に出席した。
出席したのは良いのだが、急いで身支度して出掛けたからか、教室で席に座ってメガネケースを明けたら空っぽだった。僕は裸眼での視力が0.3位なので、プロジェクターに映るパワーポイントなどの文字を見るのはかなり辛い。たまにある事だが、せっかく出席したのに痛恨のミスである。
プロジェクターはしかめっ面をすれば見えないことは無いが、プロジェクターを使うために教室内を暗くしてあるので板書が全く見えない。となると、教授の言う事に集中しないといけないのだが、プロジェクターに映るボヤけた文字をしかめっ面で追いながら、一語一語に注意を払うのは非常に難しい。

大分前に視力回復に関する本を読んだ時、小学校などで勉強の面で遅れをとってしまう子供が、視力に問題を抱えている場合があるという一節があったのを思い出した。なるほど。目の前にあるものがはっきりと見えない事で、集中力が散漫になって、授業についていくのがかなり困難である。

授業中にそんな事を考えていた時にふと思ったのだが、人生というか、日々の生活においても同じ事が言えるのではないだろうか。僕の経験から言うと、何か目標がはっきりと見えている時ほど、辛くても頑張れるものである。逆に、生活が不安定だったり、将来に関して不安があったりすると、すべきと分かっている事でもそれに集中することが難しい。視界がはっきり開けている時こそ真っ直ぐに目標に向かって着実に結果を積み上げていくことが出来ると言うのは、物理的な視界もメンタルな意味での視界も同じ事なのではないだろうか。

そういう意味で、今現在の僕のメンタルな視界は曇りまくっている。どうしたいかは分かっているつもりだけど、どうやって良いかが分からない事が多い。いつかこの曇り空に晴れ間が広がって視界がはっきり開ける日が来るのだろうか・・・いや、自分から前に進んで太陽の差す場所を見つけるつもりでがんばらないと・・・

などなど、メガネを忘れたせいでこんなに色々思考を巡らせてしまうほど、全く授業に集中できなかった。


blog ranking


ブログランキング(留学部門)に参加しています。
右側のサイドバーでこのブログの現在の順位が見られるようになりました。

上のロゴをクリックして頂くと順位が上がります。
いつも応援有難うございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私先日が学部のオリエンテーションでしたが、そういう場でネイティブとお友達になるのは難しいですね。でも、留学生が4人しかおらず3人は中国人なのでネイティブと話すしかなかったのですが、彼らは結構ドライでして。そういう話は聞いてはいたのですが。4、5人といったところでしょうか。
やっぱり、授業で友達を作っていくのがベストなんでしょうか?
アクセス状況
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
人気記事ランキング
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンク
ブログランキング
Baton Rouge 現在の時刻
Baton Rouge 現在の天気
華氏で表示されています。
ブログ内検索
貧乏留学日記の順位
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

国別アクセス
free counters
地域別アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。